読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

君が髪を切った 綺麗だった とても似合ってた

about me monologue Life

問題は君を好きかどうか

 

2つほど前のタイトルにもつかっている

plentyの「人間そっくり」。

歌詞が好きすぎて、お気に入りナンバー。

 

 

珍しく伸びています

髪が。

 

なんとなく気分を変えたい時は

即物的に髪の毛を切ってしまう。

 

ショートが楽で好きという理由とは別に 

わたしの髪が短いのはそういう理由もあるわけです。

 

f:id:satton004:20161209010940j:image

とは言え、肩につかないレベルなんですが

インスタにあげたら不評なコメントが。笑

 

確かにこの長さのボブよりショートの方が

顔周りもスッキリ見えるんだけどさ。

 

切ろうかな。

切って染めようかな。

でもそれ夏にやりたいしな。

 

 切ったら後悔しそうだしな。

襟足だけ切った前回も後悔したしな。

 

とりあえず前髪伸びないかな。

飽きました。

 

あと左にカールさせたいのに

不器用で右手でしかヘアアイロン使われへんから

毎回右に流れてしまうから嫌い。

 

髪を切りたい

髪を切って色も変えたい

とは

結構違いもので

 

 

髪を切りたいときは

ただ伸びてきて量も増えてきて面倒だったり

さっぱりしたいときだったりするんだけど

 

切って染めたいときは

変わりたい、変えたい、そんなときです。

 

んー、つまりわたしは現状が不満らしい。

 

年末にでも髪の毛切るか。

久々に大阪で行ってた美容院に行こうかな。

 

ベリーショートだったけど

痩せてたから1番モテた時期の髪。 

 

まあちょっと病的に痩せてたから

ここまでは痩せられへんやろうけど。

 

食べてなかったんだよね。

食べるの面倒で。笑

 

f:id:satton004:20161209012425j:image

5年前のプリクラが残ってた。

こっちのがなんか大人っぽいわ。

 

年末にでも行って来るか。

地元で行ってたとこでもいいんだけど

大阪のあの美容院好きだったんだよなぁぁ。

 

帰りに寄るか。

新幹線で大阪まで行って

大阪から鈍行とか。

 

んー、考えてみよ。

 

でもせっかく伸びたしな、とも思ったり。

どうしよっかな。

 

 

わたしは臆病でしょうか

monologue

毎日を全力で笑うことは難しいな

 

f:id:satton004:20161204234246j:image

 

最近久しぶりにセカイイチが頭の中を巡っています。

 

どうして急に少し前のお気に入りが再生されるんだろう。

きっと心が求めているんだと思います。

 

だから逆らわずに、

ゆっくりそのまま耳を傾けるようにします。

 

感情には形がないから

それが言葉で表現されると

急に具体性を持つんです。

 

だからわたしは

本が好きだし、音楽が好きだし、

映画も邦画贔屓なわけでございます。

 

最近、よく体調を崩してしまって

ひどい風邪にしては、1週間寝込んでも喉もイガイガするし、ずっと身体が気怠い。

 

病院に行ってきて

転職してから健康診断がなかったので

不安だった色々も検査してみました。

 

まあ多分大事はなさそうなんですが、

知らぬ内に少し疲れていた模様。

 

あんまり薬には頼りたくないけれど

今日のご飯も明日のご飯も

自分でなんとかしないといけないから

 

たまには薬に頼って、

色んなバランスを整えようと思います。

 

女子の共感文化には疲れることが多いけど、

いざ自分が疲れてみると、必要だなと思いました。

 

弱音吐かないとダメだ。

 

身体に少しづつ溜まる毒は

確実に浸透することを学びました。

 

12月、なんとか踏ん張って

2016年、走り抜けよう。

 

 

久しぶりに本の断捨離もしたんです。

27歳になった次の日に。

 

ずいぶんスッキリしました。

 

身体や心もこんなふうに

断捨離できたら楽なのに。

 

 

 

 

今わたしの中にねむっている愛情のこと

about me Life

誰が知ろう

今わたしの中に

ねむっている愛情のこと

 

何かをあたえる愛

何もしない 何もあたえない愛

誰も嗤えない

すこし また すこし

あなたらしくなってゆく

 

f:id:satton004:20161119231349p:image

 27歳になりました。

 

今までで1番プレゼントをいただいた気がします。

恐縮。ほんと恐縮。

 

当日一切予定がなくて

飲もうよーってわがまま言ってたら

大好きな音楽繋がりメンバーが

なんとね、色々してくれてね。

 

f:id:satton004:20161119231841j:image

幸せ者すぎました。

 

本をもらって、ぬいぐるみ?抱き枕?もらって、

来れないって言ってた友達も来てくれて

もうね、幸せすぎたりしました。

 

前日はplentyのライブ行ってて

もうね、耳がとても幸せで

そのあとなんとね、大好きな後輩が東京きてて

わざわざ時間をくれて、一緒に飲んで

 

f:id:satton004:20161119232103p:image

忙しいやろうにプレゼントまでくれて

どんだけできた後輩やねん〜。

 

適当につくってたwishlistから

プレゼントを贈ってくださる会社の方も居て

念願のmy bassもgetできたりしてね。

 

別の日には予定変えてもらったのに

わざわざお祝いしてくれたりして

 

f:id:satton004:20161119232427j:image

高身長女子会。

 

なんかもう恵まれたなあって。

東京出てきてよかったなって。

 

たくさんLINEもくれて

増田ちゃんは可愛い写真くれて

 

f:id:satton004:20161119232542j:image

 

そういえば5日にはpelican fanclubのライブも。

帰りに焼き鳥屋行って

4日にもたくさんお祝いしてくれた友達が

また奢ってくれたりして。

 

大事に生きようと思いました。

27歳のわたしを。

 

そして返して行こうと思いました。

 

面倒臭がりで気分屋で

こんなわたしを大事にしてくれる周りの方に

どれだけ返していけるかな。

 

でも無理せずに、健康を目標に

しっかり歩いて行きたいと思います。

 

わたしはわたしのまま

歩いて、たまに振り返って、

疲れたら休んで、また歩いて。

 

 

 

 

あなたとわたしとのせってん

monologue Life

聞いて あなたとわたしとのせってん

XとYとのせってん

言葉すら届かぬ大きな真実

 

f:id:satton004:20161101234701j:image

届け心の奥まで届け

血潮の奥まで届け

二重螺旋の奥深くまで届かせ

 

気付けばあと3日で27歳になります。

せっかくなので総括をしてみよう、26歳のわたしを。

 

25歳のわたしは「動」でした。

東京へ来て、web業界に来て。

 

26歳のわたしはなんだろう。

 

「深」ですかね。一言で表すと。

 

部署が変わって、その業界への知識が深まった。

ライターとしても、SEOを齧ったりサイト構成を考えたりする機会に恵まれた。

 

音楽好きの友達が増えて、

ライブに行く回数が増えた。

 

ベースを始めてみたり、

子供の頃以来キャンプをしたりした。

 

うん、深まったと思います。

東京にも、仕事にも。

 

f:id:satton004:20161101235316j:image

釣り楽しかったなあ。

 

髪が伸びて来て、

似合わないと敬遠してた丸メガネ好きになったり

 

学生時代は無縁だった

スニーカーばかり履いて歩いたりしてます。

 

 

 

相変わらず1人で歩いているし

隣を歩く人の目処すら立っていないけど

 

そして妙齢で悩むことばかりあるけれど

うん、やっぱり書きたいし伝えることが好きです。

 

悩むことは進んでいる証拠だと

昔読んだ本に書いてありました。

 

その通りだと思っています。

 

悩む暇もなくガムシャラだったのが、25歳。

悩みが増えて来た26歳。

 

きっと、進めているのだと思います。

 

27歳は、まず健康な体と

そして悩みを解決していくこと。

 

これを目標に、また前に進みたいと思います。

 

26歳のわたしとせってんを持ってくれた方

ありがとう。

 

 

 

 

 

後ろ向き人生 回れ右

monologue

ラクしたい人ばっか

ボクもそっか

じゃあ何しよっか

 

 

f:id:satton004:20161010194825j:image

なにしよっか。

 

とりあえず前髪を切ったけど

結局流してます。

 

f:id:satton004:20161010194647p:image

 

いつも まぁいっか

今週何しよっか

今日まで何点だった?

今はわかんない

 

f:id:satton004:20161010195058j:image

 

何点だろう

26年間のわたしの人生。

 

いつか何かで読んだんだよ。

悩むことは前進してるってことだって。

 

24歳半から26歳後半までは

あまり悩まなかった。

約2年間迷わず走ってこれたのか。

 

悩みがなかったわけじゃない。

ただ、道を変えようとは思わなかっただけ。

 

今はわかんない、か。

 

わたしはいつだって楽がしたい。

 

 

たまに人と会って

たまに1人で出歩いて

ほとんど家でだらだらして。

 

 

何点かなあ。

そろそろ振り返ろうかな。

 

 

 

thanks for comming! see you.