読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

風邪の予感と似たもの

about me Life monologue

どーも。
仕事の息抜きに仕事で書く文章よりも長い文章書いちゃう系女子こと阿部です。

 

別に書きたいことがあるわけでもないけど
思いつくままにペンを走らせるのが好きです。

 

そう、これはまさにそういう思い付きの綴りです。

 

走らせてるのはペンじゃなくてキーボードをたたく指か、テンキーを操作する指なんですけどもね。デジタルな世の中やで。

泣く子も笑い出すくらいに字が下手ぴっぴなんですけど
書くのは嫌いじゃないんですよ。

 

紙の手帳にすればいいんだけど
結局きれいに書けなくて持ち歩くの嫌になっちゃって
そのままお蔵入りさせたことが過去4回ほどあるので
最近は開き直ってます。

 

あといつも本持ち歩いてるからかさばる。

 

友人の結婚式が増えて、ご祝儀に名前書くときなんかは死ぬほど後悔します。
なぜ私は普段から書いておかなかったのだ!とね。

字が躍ってると言われたことがあるくらい躍動感にあふれた字。

 

まぁ字のことはどうでもいいんだ。

 

なんとなくね、人生の転機というか、
岐路ってやつが近づいてきてる予感がするんです。

ぶわっと悪寒がきて「これ風邪だな」と思うときありますよね?
それと同じくらい何かが来る気がする。

 

仕事を筆頭に、今後の人生の方向を決める重要な選択が
近い未来に待ち受けてる気がするんです。

いやーこういうの新卒のときに済ませとけやって話です。
周りは着々とね、結婚とかしてるわけですよ。
昇進とかしていってるわけですよ。

 

5年目だけど後輩持ったことないからね私。
いつまで下っ端で居たいのよ。
結婚の予定も予感も無いからね。

 

こういう適当でいい加減な生き方を
私自身は気に入っているからいいんだけど

 

これから訪れるであろう岐路を
どんなふうに選んでいいか分からないし、
この適当な生き方が
ネックになってしまう予感もあるんです。

 

まぁこれは、本当に岐路がきたときにしっかり考えよう。

とりあえず珍しく髪の毛を染めたいと考えています。
たぶんね、気持ちが重いからだと思う。

物理的なとこだけでも軽くしたいんです。
なんて即物的。

 

そういえば自慢じゃないけど今家がめっちゃ汚い。
これね、心が散らかってる証拠なんです。

しばらくお布団も干してないし、お日様不足。
まずはここから。明日天気になりますように。

 

曇天決行、はじめての東京でのお花見は
代々木公園でやりました。

f:id:satton004:20160404182120j:plain

この春が終わったら、私は2度目の夏を迎えます。
あっという間の4つの季節。

たくさんの人と出会いました。
まだまだこれからだけど、気軽に話せる友達もできました。

この歳になると友達ってなかなかできないよな、なんて思ってたけど
そんなことなかったな。

2度目の夏を迎える前に
少しいろんなものが整理できていますように。

 

thanks for comming! see you.