読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

僕は多分あなたが好き

あなたに会いに行きないな
給料前でお金ないけれど
コンビニでケーキかなにか買っていこう

最近よく聴く「カフカ」の『サンカショウ』
聴きたい音楽ばかりで、足りないなあ色々。

僕は多分あなたが好き

僕は多分あなたが好き、かあ。

なんだかそんな気分です。
多分好きなんだけど、好きってこんな感じなんだっけ?みたいな。


何年も忘れられなかった人が居ます。
今もふとしたときに思い出します。

ある人に好きと言えなくて1年経って、
後悔している自分もいます。

同じことを繰り返しそうな自分が居ます。


穏やかな休日。

目が覚めて
時間を見て、また少しまどろんで、

やっと身体を起こしたら
気まぐれに本を捲って、

同じように本を読んでいる広い背中に
少し身体を預けてウトウトして、

読み終わったらテレビをつけて
やっと着替えて空腹を満たしに行って。


ただそれだけのことが
わたしは何よりも幸せで落ち着くんだな、と。

僕は多分、あなたが好き。

今でも思い浮かべる人が居るから
多分、にとどめておきたいような。

もしかしてとても好きかもしれないから
それが怖くて多分、をつけたいような。




thanks for comming! see you.