読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

言葉とは救いじゃないのさ

ほら、赤子は泣いて 眠り 話さない

つながりは大切だけど

人とは、もっと無邪気なものさ

 

f:id:satton004:20170315003026j:image

 

美人の後ろでただただわたしが爆笑してる。

不細工やけど無邪気。

こんな顔してるのかと思うと

ゾッとするような、嬉しいような。

 

 

言葉とは

 

んー、言葉とは。

 

少し前、びっくりするくらい不調で

体調どうこうじゃなくて

なにもかもに理不尽に腹が立って

 

このブログに

思いつくかぎりの罵詈雑言や

こころのままの色々を

ぶちまけて

 

わたしの中では

とてもうまい言い回しというか、

 

きっとみんな感じてるんじゃないかな、こういうジレンマ。

 

的なものが書けたんだけど

なぜか消えてしまったので

 

やはり毒は外に出すべきではないのかな、

と無理やり納得させてみたわけです。

 

それが1週間くらい前の話で、

今ではもうどんな理不尽なモヤモヤだったのかすら思い出せません。

 

どんな思いも風化するなあ。

 

世界で1番幸せだと思ったあの瞬間も、

この人以上に好きな人には出会えないと思ったあの頃も、今では遠い昔のことのよう。

 

 

生きるとは面倒なことだ。

 

 

疲れてるわけじゃない

 

やるべきことをやれていない自分にジレンマを感じてる

 

でも何もしたくない

 

春眠暁を覚えたい

 

 

話がズレたけど

言葉って

 

わたしにとってはとても大きな存在で

 

それによって救われたり

それによって傷ついたり

それによって涙して怒って笑って

 

とにかくありとあらゆる感情を

言葉という媒介を通して

授受しているわけです。

 

 

でもそうじゃないというか

それだけじゃないんだよなあ、と

 

周りの出産ラッシュで感じるようになりました。

 

 

言葉を持たない

だから一生懸命分かりあおうとするけど

 

ただ笑うだけで

ただ見つめ合うだけで

 

溶けるなにかもあるわけで。

 

 

笑い合い 笑い合おう

嘘さえもつかない距離で

疑いもいらない距離で

 

 

そんな距離で

誰かと話すことというのは

 

とても稀なことだなあと思うのです。

 

 

 

 

 

 

thanks for comming! see you.