ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

自分自身の熱愛期待してる

スヌーズ機能のままのアラーム

雑な歯磨き ちり紙が無い

戸締りの鍵 木々の真緑

休みは7分の2なのに

遊びたい 休みたい 2分の2の日々

 f:id:satton004:20181017221758j:image

自分自身の熱愛期待してる

浮気はしないし しないでね

若さ故の薄暗さより

大人の明るさの方が違和感だ

 

------------------ ✂︎ ------------------

 

1ヶ月近く経ってしまって

なにをしていたかというと風邪を引いていた。

 

夏からほとんど週末遊び呆けていたのだけれど、さすがに久々に風邪を引いた。なんとなくの体調不良はあれど、ここまでしっかり風邪を引いたのは久しぶりで、ひとつの季節の終わりを感じる。

 

しっかり予定を入れていた日にしっかり風邪を引いてしまって、久しぶりに会える友達には会えなかったし、買っていたチケットは無駄になった。

 

遊びたい2分の2があまりにも続くから、身体が悲鳴をあげてしまったようで、大人しくしよう。

 

久しぶりにブログを書こう!となったけど、なにを書けばいいのかさっぱり分からない。遊び呆けていた間に面白くないこともあったわけで、そのご機嫌斜めは只でさえ疲れている友人を更に疲弊させてしまったし、なんだかうまく回らなくなってきた。だから引いたのかもしれないけれど、風邪。

 

いつものことだけどいつにも増して物欲BBAである。11月は今のところ暇だけど、12月はニシヘヒガシヘだから節約しなきゃなあ。というか働かなきゃなあ。ちょっと営業頑張らないといけない予感。

 

 

馴染んできたショートヘア

片付かない頭の中のモヤモヤ

読めない天気に早くなった夕暮れ

 

変わる 変わる 変わる 変わる 変わる 

変わればいいのにな、なにもしなくても。

 

今日も今日とて音楽を鳴らして。

 

 

金木犀の香りで気づく

だんだん寒くなって夏は通り過ぎてた

金木犀の香りで気づく

どうでもいいふりしても

君が好きなアイス見つけて

深夜のコンビニで急に引き戻される

 

f:id:satton004:20180929201315j:image

天気が不安定すぎる9月、気がつけば週末はずっと出ずっぱりだった。コーヒー巡りをする余裕すらないほどに。

 

台風で大阪行きが中止になったにも関わらず、別の予定がすぐできてそっちに行って、ろくに寝ずに日帰りで群馬に行って、そういえば結構久しぶりにベリーショートにした。

 

心境の変化とかは一切なくて、ただ中途半端なショートに飽き飽きしただけだ。

 

今日も楽しみにしていたフェスだったけど、雨だから行くのをやめて、明日は暴風雨らしいから友達とのコーヒー巡りが中止になって、久しぶりになにも予定のない週末。

 

いい加減部屋を片付けて、靴を整理して、仕事も整理して、やらなきゃいけないこととやりたいことはあるのだけど、今日はずっとベッドの中でだらだらしていた。久しぶりに寝て起きてを繰り返して、疲れていたことに気づく。

 

まだ夏のようだった9月頭。この台風が過ぎたらまたしばらく暖かくなるようだけど、すっかりめっきり秋の風だ。

 

群馬に行った時は金木犀の香りがした。金木犀の香りってなんであんなに癒されるんだろうか。実家の玄関先には毎年金木犀が咲いていて、少しだけノスタルジックになったりもする。

 

気がつけば9月が終わる。

だんだん春と秋が無くなっていく。

 

そんなふうに外に出てばかりだから、財政難な最近だ。髪を切ったから似合う服も少し変わった。でも相変わらず、秋はなにを着ていいのか、どんな服が着たいのか分からない。

 

財政難といいつつ、ネットでパーカーとスニーカー2足を買っているし、たぶん楽ちんでカジュアルな格好がしたいのは間違いない。

欲しいスニーカーがどうしても見つからなくて、それ1足分でほかの欲しかったスニーカーも買えたから、結局別のものにした。

 

茶色のおじ靴も欲しいし、柄物の小物も欲しいし、髪を切って耳が出るのでイヤリングも欲しい。欲しいものだらけだ。着飾るよりも先にすべきことだってたくさんあるのに、相変わらずわたしは着るもので自分のご機嫌をとっている。

 

外に出たいのは服が着たいからかもしれない。もちろんTPOというものがあるわけだから、好きなものばかり上手に組合わせらるわけではないのだけれど。

 

あと1ヶ月ちょっとで28歳が終わる。

28歳のわたしは、人生を線で見たときに、それなりに大きい点になるような、結構濃い日々を送ったと思う。

とにかく心が忙しかったなあ。笑

忙しくて疲れて、でも少し自分に変化が出たと思えるから、良い1年を過ごせたなあと思う。周りにたくさん支えられた1年だとも。

 

 

9月にさえなれば全て笑える気がしたんだ

過ぎ去った夏が作り出した

ぶっきらぼうな夜を少し恥じた

あなたへの想い、声、恋、遠い距離が重なって

 

f:id:satton004:20180905203039j:image

暦の上では一応夏が終わり、2018年夏のラスボスですか的な強い台風が来て9月が始まった。初っ端からフェスに行って、わたしが1番夏らしいことをするのは9月だなぁ、と不思議な感覚になっている。

 

相変わらずtetoの9月になることを聴きながら、最近はlocal green festivalで個人的ベストアクトだったSIRUPをヘビロテし、何故か大学時代ハマっていたクラムボンも聴いている。

クラムボンは「残暑」をよく聴く。

 

私の頭の中には音楽箪笥とでも呼ぶべきであろうか、まあそういうものがあって、季節や感情によって色んなものが出し入れされる。器用で便利なものだ、と自分で思う。大抵はspotifyか自分のiTuneにあるという環境もまた然り。歌詞を見て改めて思い知る色々が、私を強くしたり弱くしたりする。

 

週末は久しぶりの大阪。まあでも、あまり人には会わない。コーヒー巡りをしようかな、と思いつつ、懐かしの西宮をふらふらしようかなとも思っている。

 

入荷待ちをしていた口紅が届いて、少しだけ上機嫌。デパコス、特に口紅をつけた日は、なんとなく遠回りをしたくなる。去年の冬に買ったdiorの冬色グロスは、勿体無くてあまりつかえていないままだ。つかうことに慣れるのがこれからの課題かな、なんて思う。

 

欲しいものがたくさんある。私は何にこんなに飢えているんだろう。それが分からない。

 

昔から物欲はそんなに強くなかったはずなのに。なんとなく睡眠不足が続いているせいかもしれないなあ。というか、惰眠ができなくなっただけなのだけれども。

 

少し早くなった夕暮れ、まだ暑い昼間と少しだけ冷たくなった風。過ぎ去った夏は何を作り出すだろう。

 

君のおへその形すらもう忘れてしまっている

永遠みたいな面したあと 2人は別々の夢を見る

君のおへその形すら もう 忘れてしまっている

君に会わなくたって どっかで息してるなら

それでいいななんて思って煙を吐いている

f:id:satton004:20180905202255j:image

なんでこんな言葉が出てくるんだろうなあ。君のおへその形すらもう忘れてしまった、だよ? 

 

おへその形を知ってるくらいの親しい関係が、今では煙を吐いて思い返す程度の思い出になっている。短い言葉でここまで情景を描写させるのはほんとにすごいと思う。

 

わたしもそういう言葉が紡ぎたいんだ、本当は。

編集の仕事ばかり貰っていて、それはそれでとてもありがたいし、ゼロから生み出すのはやはり疲れもするし、仕事としてはいいのかもしれないけれど。

 

音楽ブログも結構放置しちゃってるな。

 

こんなふうにスマホを叩くだけで書ける個人的なそれとは違って、パソコンに向かって何時間も集中しなきゃいけないのは中々疲れてしまったりする。

 

言葉が好き。

だから邦楽が好きで、小説も好きで、邦画だって好きだ。

 

なんで言葉が好きなのか。

たくさん救われてきたからだ。

 

名前の無い心のモヤモヤに、表現できない景色の美しさに、それでも誰かに伝えたい気持ちに、わたしはいつも誰かの言葉で救われてきた。

 

自分の言葉も、わたしにとっての「誰かの言葉になればいいな」なんて薄っぺらい理想で、今わたしは生活をしている。

 

 

ここまで書いて3日間くらい放置してた。

で、気がつけば8月31日だ。夏が終わる。

とはいえまだまだ残暑厳しいだろう。

 

季節の変わり目は曖昧なのだけれども、春から夏、夏から秋、秋から冬、冬から春、という変化の中で1番大きいのはなんとなく夏から秋な気がしている。

 

 

靴が欲しいと思っている。

秋色のスニーカーと、ローファーとか革靴みたいなものと、ヒールも1足くらい。

物欲がおさまらなくて困る。

 

9月の上旬、とだけ言われて入荷待ちをしている秋色リップ。

明るくしようとしてたのに、やっぱり暗くしようと待ち焦がれている美容院の予約。

 

自分の見た目が好きだと思っているわけではないけれど、例えば整形がしたいだとか、そういうことは思ったことがなかった。

 

でも今はとてつもなく思う。

 

もっとおでこが広くて綺麗な富士額なら

もっとシュッとした顎だったら

もっと口角が上がれば

もっと身長が高くてくびれていて胸があれば

 

もっと、もっと、もっと。

 

現状の自分に満足していない、なんて意識の高いことをいうつもりはサラサラないけど、何かしら変化がほしくてたまらないらしい。

 

思い返せば7月、8月と毎週末外に出ていた。とはいえふつうに飲みに行ってるだけだけで、毎度同じような友人に相手にしてもらっている。

 

外に出れば何かあるわけではないけれど、その日の気分と予定で着る服を考えて、化粧をして外を歩くだけで、なんだか気分が良くなることもある。

 

そうやって変化の無い自分に何かしらのインプットを与えようとしているんだろうな、なんて思いながら、さて9月を迎える準備をしよう。

 

好きの因数分解

数学万年赤点の私としては、そもそも因数分解ってなんやっけ?ってレベルなので、Wikipediaさんに説明してもらいます。

因数分解の目的は普通、なんらかのものを「基本的な構成要素」に帰着させることである

なんで大人ってこんな小難しく理解させようとするんですかね。

例えば「15」という数を因数分解させると、「3✖️5」になりますよってことなんですけど、大人になってやっときちんと理解できた気がしますわ。ごめんよお世話になった先生たち。

 

なんで因数分解の話かというと、毎月読んでるファッジに、詩人の最果タヒさんの連載が掲載されていて、それが「好きの因数分解」ってタイトルなんですね。

 

イムリーなことに、今年に入ってコンサル業界で働いてる友人から「恋愛も仕事に関しても、因数分解していくことが大事」と言われ、「おお成る程」となっていたのですが、まあわたしは怠惰な人間なので、なかなか自分を因数分解できないまま夏を終えようとしているわけですが。

 

 

最近の好きは「服」だ。

なんで?ってなるやん?そもそもセンスも無いしオシャレなんて程遠い人間だし、服買う前に痩せて高い美容液でも買えよって話なんだけど。

 

f:id:satton004:20180816210746j:image

夏が始まる前からずっと探してた理想の白のパンツを、やっと探し当てて買うことができた。

この夏3つ買ったから、もうサングラスはやめて秋に向けて眼鏡を買おうと思ってたのについサングラスも買ってしまった。

たまたまお店のSNSにそのパンツとサングラスが載っていたので、これです。

 

どうしてこの歳になってお洋服を好きになったのか。それが自分でも気になって、因数分解を始めてみようと思ったわけです。

 

そもそもの始まりは、やっぱり人の影響。

 

その人自身のファッションもとても好きだし、

その人に可愛いと思われたい、とか

その人はこんなファッション好きかなあ、とか

 

まあ結局人を動かすのは下心なわけです。

 

それで雑誌を買って目を通している内に、今まであまりしたことの無い着こなし方をするようになったりした。

 

そしてそれは私をとてつもなくご機嫌にする。

 

好きな服を着ると、遠回りして帰りたくなる。新しい服を買うと、明日がとても楽しみになる。

 

それってとても素敵なことだと思うのよ。

 

昨日とあまり変化の無い今日を、繰り返して繰り返して、そして過ぎていく日々が、少し変わる。

 

好きな人に好かれている自分が好き

 

だからわたしの学生時代は基本的に恋愛をしていることが多かった。自分を好きでいるために誰かを好きで居た、と言っても、多分そこまで過言では無い。

 

そこに戻ってきた感じ。

 

街中で見かける「あの人好きだなぁ」という人に「あの人好きだなぁ」と思われたい。

 

わたしの小さな意思表示なのだ。

 

わたしはこんな服が好きです!こんな服がわたしをご機嫌にします!そして、こういう服を可愛いと思ってくれるような人が好きです!

 

そういう意思表示。

 

服に対する因数分解

好きになってほしい

ご機嫌でいたい

好きになりたい

大きくわけてこの3つ。

 

その為にわたしは、働いて、外に出て、また働くのだ。 

 

thanks for comming! see you.