読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

愛してるよ さわらせてよ

Life monologue

1ヶ月ぶりにライブに行ってきて

やっぱりわたしにとって音楽って

救いだなあ、と思った3月にしては寒い金曜日。

 

映画と音楽と本があれば

それなりに幸せに生きて行ける気がするけれど

 

太陽の光を浴びて

たまには人と話して

 

そういうことがないと

人間らしい生活ってできないなとも思います。

 

適当な食生活

適当な人付き合い

適当な睡眠

適当な色々

 

ああ面倒臭いな

 

 

でも人間らしい生活がないと

音楽も映画も本も

あまり楽しめない気がするわけで

 

 

たまにブレーカーが落ちたように

なにもかもをシャットダウンしたくなるときがあって、それは東京に来てから増えた気がする。

 

というか、最近多い。

 

だから来月大阪に行くことにしました。

 

いつぶりだろう

ゆっくり帰るのは

 

結婚式で1日使って、

残り1日は移動時間という忙しない予定ではなく

 

半分は大阪で過ごす1人の時間にした

 

わたしに会いに行こうと思って

 

学生時代の自分というよりは

社会人2年目くらいまで頻繁に大阪に帰ってた

あの頃のわたしに

 

もちろんメインは

久々に会う友達との時間なのだけど。

 

でも正直、それもちょっと疲れるかもな。

 

 

結婚した友人

母になった友人

 

新しい環境は人を変える

 

ここ数年

なんにも変わらないわたしが

 

なにをしに行くんだろう

 

f:id:satton004:20170326022829j:image

 

テレビでは悲しいニュースが流れてるみたいだけど

世界ではまだ殺し合いなんかやってるみたいだけど

愛してるよ

さわらせてよ

 

 

 

大好きな曲もたくさん聴けたライブで

ひときわ印象的だったこの曲の名前は「冬の羊」。

 

 

落としたくなるブレーカーも

実際に落ちたブレーカーも

まるで白紙に戻されるような

 

優しい優しい歌でした。

 

 

アラーム音 固定パターン1

monologue Life

アラーム音 固定パターン1に 

感情まで支配される朝は

血でも魂でもなんでも売っぱらって

たった1秒でも長く眠りたい

 

って、毎朝思うくらい眠い。

ハヌマーン『トラベルプランナー』より。

 

f:id:satton004:20170316235427j:image

友達が貸してくれた本が

もう本当に共感の嵐というか

共感ではないな、すごく分かるなあって

それってつまり共感でしょ?と言われるかもしれないんですが、そうじゃなくて。

よくあの感情をここまで表現してるな、と。

 

 

 

大学1回生。

わたしにとって私立は初めてだったので

初めてガチのお金持ちに出会って

 

それでもこの本に出てくる「あのこ」よりは

一般的かもしれないんだけど、

 

わたしにとっては大きなカルチャーショックだったわけです。

 

そもそもわたしが育った町は 

スーツを着てるパパってそんなに居なくて

作業着の父とパートの母というのがデフォ。

 

マンションやアパートに住んでる人なんて居なくて、みんな古い一戸建て。

 

高校に入って、初めて外の世界に出て

サラリーマンという存在や

専業主婦、シングルマザーなんかの存在を知った。

 

そのくらい狭い世界で生きていて、

隣の県とはいえ、未知の世界に1人で出て行ったあの頃は、とにかく楽しかったし寂しかった。

 

大企業のサラリーマンや社長さんといった人を親に持つ友人。

小中高と私立っていうのは、わたしからしたらとても裕福な家庭で。

 

高校時代、アルバイトして頑張って買った

サマンサタバサのバッグとキーケース。 

 

でも他の人は、バイトをしなくてもいくつものブランド品を持っていて。

 

バイトしてもバイトしても

旅行に行くお金はなかなかできなかったのに

周りの子はよく旅行に行ったりしていて

羨ましく思ったこともたくさんある。

 

 

何より、お金持ちは性格が悪いと勝手に偏見を持っていたのに、お金持ちの方がとてつもなく性格が良かったりした。

 

おまけに可愛い子も性格が良い。

 

好意を受け取るのが当たり前だから

素直に「ありがとう」って言える子ばっかりだった。

 

高卒ですぐ働こうと思っていて

棚ぼたで大学に行ったわたしの常識は

その大学で180度くりい変わった気がする。

 

 

学歴なんかなくても、たたき上げのほうが社会では通用すると思ってた。

通用するのは狭い社会でだけだと、痛いほど思い知った。

 

 

『あのこは貴族』では、

代々のお金持ちのお嬢様と、わたしのような田舎育ちで上京したキャリアウーマンの2人が出て来る。

 

キャリアウーマンは慶應大学への進学で上京した設定になっていて、入学したときのあの疎外感が一瞬で蘇った。

 

 

垢抜けたスーツ姿の同級生。

内部生という輪。

そこに参加できる選ばれし学生。

コネと人脈の就職活動。

 

 

馴染めずに大学を辞めて

そこから東京に馴染んでいく姿が

 

関西というワンクッションをおいて

未だ東京に馴染めないわたしにも

どことなく重なるように感じられて。

 

 

どれだけ努力をしても超えられない壁があること。

良い大学に入っても、大きい会社に就職しても、代々のお金持ちは違う世界にいること。

 

 

そんな世界の地層に思い馳せているときに

映画『愚行録』を観たわけですが、

 

まさに同じ世界がそこにあった。

 

 

有名私立大学に

努力して努力して、家から逃げるように進学した主人公の妹が、そこで繰り広げられるお金持ちと選民された学生だけによる世界に翻弄されて、いつしか壊れていく様。

 

 

それで改めて

思い知らされて。

 

わたしはこのままなのかなと。

多少変わるにしても、根本は変わらないのかなと。

 

沈殿したどろどろの、赤茶色の世界に沈んでいく感覚でした。

 

 

楽しかったのと同じくらい

しんどい思いもしてきていたな、と

 

思いだした3月、まだ桜の咲かない日。

 

 

もどかしさを誤魔化してみるのさ

monologue Life

幾何学的に単純で迷惑な この僕の心を

愚かしくも愛せはしないだろうか

容易いようで難解な身悶えること 僕の心を

 

f:id:satton004:20170315015437j:image

plentyの『シャララ』という曲の歌詞なんですが、Mr.Childrenの『ラララ』みたい。

 

シャララは

幾何学的に単純

 

ラララは

太陽系より果てし無く コンビニより身近な

 

 

心とは 思考とは

そんなもんですよね。

 

自問自答しては 分かった気になり

退屈していく 普通の憂鬱

 

この歌詞(シャララのほう)見たとき

腑に落ちるってこういうことか、って実感。

 

憂鬱なんて

毎日のように抱えるものなわけだけど

その正体って

そういうことだよな

 

不満でも、不遇でもなくて。

ただ退屈なのかもしれない。

 

忙しぶってるわたしは

別にほんとに忙しいわけではないし

 

だからといって刺激を求めているわけでもないのだけれど、だから退屈で。

 

 

最近映画をチラホラ観ました。

 

マリアンヌ

LA LA LAND

愚行録

 

わたしが洋画観るなんて珍しい。

食わず嫌いというか、嫌いじゃないけど

興味を持とうと思っているのです。

 

 

洋画の方が

起承転結がしっかりしてて

ストーリー性もしっかりしてて

とても観やすいのは間違いない。

 

あと気付いたことがある。

 

洋画を観てる方が、きっと会話上手になる。

 

洋画で描かれる会話は

いつもウィットに富んでいて

頭の回転の早さに憧れる。

 

 

24歳か25歳頃から、

話下手を克服したくて落語に手を出した時期がある。

 

いやいまでも寝れないときに聞くと

すんなり寝落ちできるから聞いてはいる。

 

古典落語だと何言うてるのか分からへんこと多いから、学生の頃のつまらない授業のごとく眠れるのです。

 

 

東京に来てやりたかったことの一つに

寄席に行く というのがあるのだけど、

うーん、未達。

 

結局話下手とか上手云々の前に

ネタという引き出しがないとダメなのだけど。

 

ネタなあ、、

好きなものたくさんあるはずなのに

興味あるものが狭すぎてダメだなあ。

 

 

マリアンヌもランドも

切なくて寂しいけれど

どちらも愛がテーマになっているわけで、

 

愚行録は、妬み嫉み、歪んだ愛や憧れがテーマになっているわけで、

 

ウキウキしたいわけじゃないけど、

明るくはならない色々に

今日も今日とて退屈なのです。

 

その退屈を、憂鬱を

抱えては捨て、拾っては減らし、

そうやって誤魔化して誤魔化して。

 

 

 

 

言葉とは救いじゃないのさ

Life monologue

ほら、赤子は泣いて 眠り 話さない

つながりは大切だけど

人とは、もっと無邪気なものさ

 

f:id:satton004:20170315003026j:image

 

美人の後ろでただただわたしが爆笑してる。

不細工やけど無邪気。

こんな顔してるのかと思うと

ゾッとするような、嬉しいような。

 

 

言葉とは

 

んー、言葉とは。

 

少し前、びっくりするくらい不調で

体調どうこうじゃなくて

なにもかもに理不尽に腹が立って

 

このブログに

思いつくかぎりの罵詈雑言や

こころのままの色々を

ぶちまけて

 

わたしの中では

とてもうまい言い回しというか、

 

きっとみんな感じてるんじゃないかな、こういうジレンマ。

 

的なものが書けたんだけど

なぜか消えてしまったので

 

やはり毒は外に出すべきではないのかな、

と無理やり納得させてみたわけです。

 

それが1週間くらい前の話で、

今ではもうどんな理不尽なモヤモヤだったのかすら思い出せません。

 

どんな思いも風化するなあ。

 

世界で1番幸せだと思ったあの瞬間も、

この人以上に好きな人には出会えないと思ったあの頃も、今では遠い昔のことのよう。

 

 

生きるとは面倒なことだ。

 

 

疲れてるわけじゃない

 

やるべきことをやれていない自分にジレンマを感じてる

 

でも何もしたくない

 

春眠暁を覚えたい

 

 

話がズレたけど

言葉って

 

わたしにとってはとても大きな存在で

 

それによって救われたり

それによって傷ついたり

それによって涙して怒って笑って

 

とにかくありとあらゆる感情を

言葉という媒介を通して

授受しているわけです。

 

 

でもそうじゃないというか

それだけじゃないんだよなあ、と

 

周りの出産ラッシュで感じるようになりました。

 

 

言葉を持たない

だから一生懸命分かりあおうとするけど

 

ただ笑うだけで

ただ見つめ合うだけで

 

溶けるなにかもあるわけで。

 

 

笑い合い 笑い合おう

嘘さえもつかない距離で

疑いもいらない距離で

 

 

そんな距離で

誰かと話すことというのは

 

とても稀なことだなあと思うのです。

 

 

 

 

 

 

雨続きでよく頑張ったね

Life monologue

いつの間にか咲いてたスミレ

雨続きでよく頑張ったね

 

f:id:satton004:20170203031955j:image

 

よく頑張ったね、なんて

もう何年言われてないだろうなあ。

 

これは大好きなバンドの最新アルバムに収録される「小さな部屋」という曲です。

 

深夜のドラマイズム枠「ホクサイと飯さえあれば」というドラマのED曲です。

とてもいいよ、このドラマ。ほっこり。

 

2番のサビの歌詞なんです。

雨続きでよく頑張ったね、って。

  

頑張ってるね、とか

そういうのはたまにあるけど

頑張ったね、って

言われないよなあ。

 

頑張ったね、って言われたい。

小学生の通知表以来くらいじゃないのか。

別に普通の成績だったけど。

 

 

頑張ったね、って言われたいといいつつ

何も頑張ってないんだけどね。

頑張ったね、って言われる環境作りをしないとダメってことですなあ。

 

 

頑張ってるね

頑張ったね

 

なんで現在進行形より過去形で言われたいんだろう。

承認欲求が満たされてないのかな。

 

 

この頃昔の友達がとても恋しくなって

地元でも初めて小学校の同窓会が計画されているそうです。連絡貰えて嬉しかったけどわたし遠方なので不参加。

 

社会人3年目くらいまでは

学生時代の友達が恋しくて恋しくて

頻繁に大阪に行ったりしてたのに

 

最近では小学校とか高校の子に会いたいと思うことが増えた。

高校の子は連絡先すら分からなくなった子が多いから連絡取れないんだけど。

 

なんで歳を追うごとに

昔を懐かしんで、昔のようなことをしたくなるのか。

 

頑張ったね、って言われたいのかもなあ。

過去の自分や、過去の思い出を振り返って、頑張ったね、って自分に言ってあげたいのかな。

 

 

日付変わったけど今日は東京で出会った友達のお誕生日でした🎂

この歳で、新しい環境で友達ができたのは本当に嬉しいことなわけで。  

 

暇な週末に遊んでくれたりするわけで。

感謝感謝なわけでございます。

 

5年後、10年後に

あのときは頑張ってたよね、って

そんなこと話せてたらいいなあ。

 

☂️

明日こそは、って今日も行く

散らかる狭い部屋の中

溜まってしまった洗濯物

久しぶりに晴れてよかった

☀️

 

歩こう。

頑張ったね、って

言ってあげられるように

言ってもらえるように。

 

f:id:satton004:20170203033416j:image

深夜の帰り道の不意打ちショット。

お酒飲んだ帰りはたまに一駅分歩いて帰って、家について後悔したりしてます。

 

早く暖かくならないかなあ。

歩きたいのです。

 

 

 

 

 

thanks for comming! see you.