読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペトリコール - forget me not -

雨上がりの匂いと勿忘草

わたしたちはいつでもハッピーエンドを待ってるの

仕事に疲れて彼氏も居ないので原宿の母に会ってみた。

about me Life job

 

人生で占いに行ったことが2度ある。

1度目は就活が本格化する前。
2度目は東京に越してきたお仕事関係で。
 
で、この前3度目に行ってきました。
まぁ特別「すげぇぇぇぇえ」とかはなくて、
「なるほ」って感じでした。
 
まぁ好き勝手してるのは当たってた。
 
 
仕事のことで悩みというか疲れがたまってただけではあるんだけど、友達と美容院に行った帰りに見つけた占いの看板に「500円」とあったからノリで入ってみたんです。
 

f:id:satton004:20160210194032j:plain

なんか有名らしい。

 
 
入って待ち時間に雑談していると
全く同じ悩みを抱えていて(職場のことで)、
仕事の愚痴って言える人が少ないので
(聞いてて楽しい話じゃないし、それを解決できない自分の落ち度もあるから)、
すーっごくスッキリして
なんかそれだけで非常に満足でした。
 
 
で、いざ原宿の母の前に座る(そういう看板でした)。
準備したのは名前と生年月日を書いた紙。
 
で、一通り原宿の母の宣伝を聞き、
料金表を見ると
 
クイック占い3分500円 7分1,000円
 
・・・・・・?
 
普通の占い3,000円くらいするやんけ!
不親切か!書いとけ!
 
で、クイック占い7分をチョイス。
 
その友達は同い年で、誕生日も20日違いなんですけど
「2人とも言い運ね!」
 
・・・確かに巳年だしB型だし
働いてる業界も一緒だし職種も近いし
身長も近いし髪形一緒だけど(担当の美容師さん一緒)。
 
 
で、原宿のお母さん私の手を見るなり
「手先器用ね!」
 
・・・26年生きてきたけど1回も言われたことないんやで。
おにぎり三角にできへんしウインナーのタコさん歪なんやで。
 
「で?あなた彼氏は?」と
この歳で占いに来る女は彼氏との将来かこれからの恋愛運を聞きたいと思っていらっしゃるようだ。
いやついでに聞こうとは思ったけど。
 
「今年の終わりごろなんかあるよ!」
ってさっきも友達に同じこと言うてへんかった?
 
 
仕事は?と言われ「ライターです」と答えると
「向いてるわよ!才能あるから!
ほら芥川賞受賞した羽田さんなんてTV出てすごい稼いでるんだから!
あなたも頑張んなさい1」と矢継ぎ早に言われたけど
物語を書いているわけではないんやで。
 
 
ただまぁ「独立したほうがいい!フリーランス!」と言われたのは
またか、と思った。
 
ことごとく社会に適合しないんだよな。
これは自分でもそんな気がしてるしなんなら今フリーランスみたいなもんやし。
 
 
7分なのでここで終了でございます。
そのあとまた宣伝を聞かされるんですが、
 
なんか元気にはなりました。
 
 
全然知らない他人に「才能ある」って言われると
「そーなのか!」って勘違いできる。
友達とか知り合いは
いい意味で本音を言ってくれないじゃない。
 
お店を出るとき背中を叩いていてくれて
励まされました。
 
弱ってたな、疲れてたなと思いました。
 
 
1,000円でこういう元気を貰えるなら
まぁたまにはいいかと思いました。
飲んだくれるよりコスパいいし。
当たる当たらないを求めない気休めくらいなら。
 
 
全然知らないけどなんか説得力ありそうな人に
ひたすら褒められる10分間なら1,000円払える。
 
いい仕事やで。
 
 
 
 
そして明けて月曜日。
MUSICAで新しいスタッフ募集と音小屋っていう音楽ジャーナリストの育成講座の募集が始まってました。
根拠のない励ましをもらったので、とりあえず音小屋には応募してみたけど、
5人だけやからどうかな。
 
何に進むべきかはわからないけど
結局仕事って恋愛と同じで
 
タイミングと縁だと思うわけです。
 
 
少し前に働いてみたい!と思っていた企業の募集が終わってしまい、
あぁ、受かってから考えればいいからとにかくやってみなアカンわ!と思い知ったので
書類だけ出してみた。
 
ちょうど久々にワンマンライブ行って
生きてることを実感したあとだったのもある。
 
タイミングだな、と。
 
なんかね、人に甘えたり弱音はいたり
結構苦手なので
だから割としっかり者だと思われがちなんですけど
 
26歳でこんなこと言ってたらアカンかなとも思うんですけど、
こうやって吐き出していかないと
押しつぶされちゃうなと思いました。
 
 
というわけで今日はもつ鍋食べてきます。
 

 

thanks for comming! see you.